高校進学時にどんな塾に通わせる?平均的な高校それとも優秀な高校を目指す?

平均的な高校に進学させたいときの塾

公立の中学には受験なく進学できますが、高校からは誰もが受験をしないと進学ができません。高校にはそれぞれレベルがあるため、あまりレベルの低い高校だと授業の内容も期待できませんし大学進学にも影響する可能性が出てきます。現状平均レベル以下の子を平均的な高校に進学させたいならまずは平均レベルの学力が得られる塾に通わせてみましょう。

塾と聞くと厳しい授業があるイメージを持つ人がいますがそれは進学塾を指します。進学塾以外に中学の授業をサポートする目的の塾があり、こちらであればそれほど厳しい内容の授業はありません。定期テスト対策なども行ってくれるので高校進学で重視される内申点アップにもつなげられます。優秀な高校への進学はできなくても平均的な高校を狙えるようになるでしょう。

優秀な生徒が集まる高校に進学させたいとき

優秀な生徒が集まる高校は授業のレベルが高く、高校の授業を受けるだけで優秀な大学への進学が近くなります。優秀な大学に進学させたいならまずは優秀な高校への進学が必要でそのための塾に通わせると良いでしょう。優秀な高校を目指す塾には優秀な生徒が集まるため入塾を申し込めば誰でも入れる仕組みではありません。まずは難しい入塾テストに合格しなければならず、その後学力に応じたクラスに入って授業を受けていきます。頑張って授業についていければ上のクラスに上がれたりもしますが、勉強をサボっているとすぐに下のクラスに落ちてしまうので気を抜けない環境になるでしょう。厳しい環境であるがゆえその結果として優秀な高校への進学が実現しやすくなります。

資格の習得や学校の勉強を目的とした塾や予備校等の教育機関には様々なものがあります。その中でも個別指導は1人1人のニーズに合った学習ができるため高い学習効果が期待できます。